サッカー魂

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅野拓磨がダービーで2得点!ジャガーポーズ炸裂!

浅野拓磨ブンデスリーガ2部は第28節を行い、浅野拓磨の所属するシュツットガルトはホームでダービーマッチを行った。相手は山田大記が所属するカールスルーエ。浅野は約4ヵ月ぶりとなる今季3ゴール目を決めた。更に4ゴール目も決めこの試合2得点を記録し、チームは2-0で勝利。浅野の活躍により暫定ながら首位奪回に大きく貢献した。
5試合未勝利でついに首位陥落となったシュツットガルト。昇格争いのためにも何としても勝ち点3が欲しい状況のチームが迎えたダービー戦で浅野拓磨が躍動した。

試合は、サポーターから花火や発煙筒が発射され一時中断されることもあり緊張感がある雰囲気の中で行われた。前半26分、クリスティアン・ゲントナーが右足でゴール前にクロスを上げると、オフサイドラインぎりぎりから相手DFの裏を上手くとりフリーで飛び出した浅野がヘディングシュートを叩き付け、先制のゴールネットを揺らした。

約4ヵ月ぶりの今シーズン3点目を決めた浅野は直後にお得意のジャガーポーズを披露し、同じ右サイドでプレーするベンジャマン・パヴァールとはお辞儀のパフォーマンスも見せた。

前半を1-0で折り返したシュツットガルトは、後半16分にカウンターからマキシムがドリブルでPA内まで持ち上りシュートを放つ。これを相手GKが弾くも詰めていた浅野が右足で押し込んでこの試合2点目となるゴールを決めた。

試合はこのままタイムアップを迎え、シュツットガルトが2-0で6試合ぶりの勝利を飾った。この勝利によりシュツットガルトは暫定ながら首位に浮上。浅野はフル出場で2ゴールを記録し、今シーズンの通算ゴール数を4に伸ばした。

試合後、自身のブログを更新し『ダービー。』というタイトルで試合を振り返った。

浅野は「今日はブンデスリーガ2部の試合があり今シーズン2度目のダービー、対カールスルーエとのホームでの試合でゴールと勝利を掴むことができました!熱いスタジアムでのゴールと勝利を掴めたことはまた特別な試合になりました。前半戦でのカールスルーエとのダービーでもブンデス初となるゴールを決め、勝利したこともあり今日は周りからは「ダービーキラー」というあだ名もつけてもらいました。笑 ですが内容としては全く納得のいくプレーはできなかったのでそこはしっかり反省し、また次に向け、優勝に向けて引き続き頑張りたいと思います!」とコメントし更なる活躍を誓っている。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。