サッカー魂

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルレスター復活!セビージャを倒してCLベスト8に進出

レスター・シティ14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、レスター・シティが本拠地キング・パワー・スタジアムでセビージャと対戦した。

レスターは敵地で行われたファーストレグで1-2の敗戦を喫していたが、セカンドレグで2-0と勝利し2戦合計スコア3-2で見事準々決勝進出を決めた。岡崎慎司は先発出場し2点目の起点となるなど献身的なプレーでチームの勝利に貢献している。
ファーストレグ2-1で敗れはしたものの、1点奪ったことでアウェイゴールをホームのキング・パワー・スタジアムに持ち帰ってセカンドレグに臨んだレスター・シティ。指揮官交代後、昨シーズンの強いレスターの姿を取り戻しつつあり、プレミアリーグでも2連勝しチームの調子は上昇中だ。

試合は序盤から、ファーストレグの敗戦を取り戻そうと攻撃的なプレッシングをかけるレスターと守勢に回るセビージャという展開で動く。

前半27分、レスターが先制に成功する。マレズのFKに体ごと飛び込んだウェズ・モーガンがボールをゴールへ押し込み先制点を手にする。前半はそのまま折り返すが、セビージャが後半開始から2枚の交代カードを切る。しかし運動量豊富に動き回るレスターの勢いは止まらず、後半9分にセビージャの戦意を喪失させる追加点をマーク・オルブライトンが奪った。

後半33分にレスター最大のピンチが訪れる。GKのシュマイケルがファールをおかし、セビージャにPKを献上してしまう。これを決められると2試合合計スコアが3-3となってしまい同点に追いつかれる絶体絶命のピンチだったが、これをシュマイケル自らが好セーブによってシャットアウト。

ホームでサポーターの大声援を受けたレスターがこのまま逃げ切り最終スコア3-2で難敵セビージャを見事撃破し、CLベスト8進出を決めた。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。