サッカー魂

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルクの南野拓実がハットトリック+アシストで「南野祭」!

南野拓実現地時間19日、オーストリア・ブンデスリーガの第22節、レッドブル・ザルツブルクはSVリート相手に6-1の大勝をおさめた。この試合でザルツブルク所属の南野拓実はハットトリックに加え1アシストも記録し、敵地での大勝に貢献した。この勝利によりザルツブルクはリーグ首位の座をキープしている。

南野は、今季のゴール数を9ゴールに伸ばし得点王も狙える位置に浮上している。

2試合ぶりの先発となった南野は、1-1で迎えた前半23分に右サイドでパスを受けると、胸トラップから豪快に右足を振り抜いて勝ち越しゴールを決める。直後の同24分には左からの折り返しを押し込んで2点目を奪う。さらに後半13分にもゴール前まで攻め上がって3点目を奪いハットトリックを達成した。おまけに同26分にはMFラドセビッチのゴールもアシストし、大暴れの一日となった。

南野は、「チームとしては、今日は大事な試合でしたし、そこを勝つことを考えていました」「個人の結果としてパーフェクトだと思いますけど、まだ監督が言っていたようにディフェンスのところとか、まだまだチームとして細かいミスがある。そこは修正するべきだと思う」とザルツブルクの公式サイトを通じて、喜びと今後の課題をコメントしている。

ザルツブルクに加入して3シーズン目を迎えた南野。今季はスタメンでの出場機会が減少しており、この試合が今シーズン3度目の先発だった。しかし、先発出場した全3試合での計6ゴールに加え、交代出場でも3ゴールを記録。ここまでの出場時間は11試合で合計わずか445分だが、9ゴールの活躍により「49分に1点」という驚異的な得点率でゴールを重ねている。

南野はリーグの得点ランキングでも2位タイの位置につけ得点王のタイトルも狙える状況だ(1位はデニ・アラーの13得点)。

地元紙も南野の驚異的な活躍について、「南野祭」の見出しで称賛している。限られた出場時間のなかで目に見える結果を残したことにより、22歳となった南野がオーストリアの地で一気にブレークしそうな気配を漂わせている。
関連記事

- 2 Comments

サカ魂  

日本代表に戻っておいで。

2017/02/21 (Tue) 12:39 | REPLY |   

サカ魂  

このまま活躍を続ければ、もっと大きなチームへの移籍もできるはず。
楽しみな選手!

2017/02/28 (Tue) 18:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。