サッカー魂

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GKノイアーがマンチェスター・シティへ移籍?噂に本人がコメント

マヌエル・ノイアー世界最高のGKの1人バイエルン・ミュンヘンの守護神マヌエル・ノイアーが、マンチェスター・シティの監督である恩師グアルディオラから移籍の誘いを受けているのではないかという噂について言及している。

マンチェスター・シティは今夏バルセロナから獲得したクラウディオ・ブラーボの不振により、新たなGKの獲得が噂されている。ブラーボはプレミアリーグへの適応に苦しみ思うようなプレーができていない。そのため、最近は控えGKウィリー・カバジェロが先発起用されている現状がある。
守護神補強の噂が絶えないマンチェスター・シティの候補の1人と目されているのが、昨シーズン、グアルディオラ監督のもとでプレーをしていたバイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーだ。

2011年に同じブンデスリーガのシャルケからバイエルンへ加入したノイアー。超人的な反射神経や広い守備範囲と確かな足元・抜群のセンスにより世界屈指のGKと呼ばれている。

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督が関心を示しているとされるが、ノイアー自身は噂を一蹴しバイエルンからの移籍を否定した。

「マンチェスター・シティとの接触などないし、知っての通り、僕はここでの日々に満足しているんだ。実際、契約も更新したばかりだしね。もちろんそういった噂が浮上し、メディアがそれを議論することは僕にとって名誉さ。ペップの番号はまだ僕の電話に残っているけど、彼からかかってきたことはない。何も心配することないさ」

「僕はミュンヘンで幸せなんだ。だから契約延長にサインした。それ以外の話はすべて憶測さ」

このコメントを見る限り、ノイアー移籍の噂はあくまでも噂の域から出ることはなさそうだ。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。